インフルエンザB型って何?

インフルエンザは毎年厄介なウイルスですが、その中でも型があるのはご存じでしょうか?A型、B型、C型があります。その中で今回はB型はどんな症状で特徴があるのかご説明したいと思います。

横浜市泉区でのインフルエンザ感染の報告

日本では冬になると多くの人を苦しめる流行感冒症をみる事ができます。横浜市泉区でも毎年のようにこの流行感冒症に感染している人が報告されています。この横浜市泉区でも毎年報告される流行感冒症とはインフルエンザ感染を指します。横浜市泉区ではA型、香港型以外にも鳥インフルエンザに感染した人などの報告も受けています。毎年のようにこのインフルエンザ感染によって命を落としている人がいます。特に高齢者や子供は免疫力や抵抗力が弱く、感染すると肺炎や脳症を併発し重篤化してしまい死に至る人が後を絶ちません。そのため横浜市では保健所や医師会、自治体がインフルエンザの予防接種の推奨を行っています。高齢者や子供などには自治体が補助金を支給し、安い費用で予防接種を受けられるようにしています。予防接種をしておくとインフルエンザの感染リスクは飛躍的に低下します。また万が一感染しても高熱や下痢、嘔吐など重篤な症状に陥らずに済むと言う効果が期待できます。また気管支喘息や高血圧など持病のある人も感染してしまうと持病が悪化することがあるので積極的に予防接種を受けた方が良いと言えます。しかし予防接種をしたら必ず感染を回避できるというものではなく、感染しにくいように手洗いうがいを徹底的に努めたり、睡眠や栄養を十分取るなど健康管理に努めることが大事です。またインフルエンザのウイルスは湿度の高い所では活動が鈍るので、冬場の流行シーズンには加湿器で十分に室内を加湿することが大事です。また少しでも体調の異変を感じ、早急に医療機関を訪れることでインフルエンザの潜伏期間にタミフルを処方してもらい飲むことで、高熱などの症状の発症を抑えることも可能です。