インフルエンザB型って何?

インフルエンザは毎年厄介なウイルスですが、その中でも型があるのはご存じでしょうか?A型、B型、C型があります。その中で今回はB型はどんな症状で特徴があるのかご説明したいと思います。

インフルエンザの熱と風邪との違いについて

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされた急性感染症のことをいいます。多くは上気道炎症状、呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒ともいわれます。冬の時期に流行することが多く、11月上旬から始まり12月下旬に小ピークを迎え、学校が冬休みに入ると小康状態となり学校が再開する1~3月頃に数が増加してピークを迎えるのが一般的です。
インフルエンザと風邪との違いは症状も原因も異なっており、風邪はのどの痛みや鼻水、咳などの症状を伴う呼吸器の急性炎症で発熱や頭痛、食欲不振などの症状が起こるのに対して、インフルエンザは急激に発症して症状が重いのが特徴になります。ウイルスに感染すると1~5日間の潜伏期間後に38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れ、健康な人であれば3~7日間症状が続いたのちに治癒することが一般的です。合併症として肺炎やインフルエンザ脳症となってしまう場合があります。
治療としては、できるだけ安静にして栄養と十分な睡眠をとり、ウイルスの活動や感染を抑えるために加湿器などで室内を50~60%ほどに湿度を保ち、発熱や関節痛に対しては解熱鎮痛薬を使用して水分を十分に補うことが大切です。
強力な感染力があり、流行すると年齢や性別を問わずに多くの人が短期間で感染してしまうことも特徴のひとつです。感染経路は咳やくしゃみなどにによる飛沫感染が主だとされています。
予防するためには、ワクチンを使用した予防接種のほか、免疫力を低下させないためのバランスのとれた食事や睡眠休息を十分に取ることなどが効果が高いといわれます。また、石鹸による手洗いや手で目や口を触らないこと、手袋やマスクを着用することで物理的に身体への侵入を防いだり、換気をこまめに行うか空気洗浄機を利用するなども有効です。