インフルエンザB型って何?

インフルエンザは毎年厄介なウイルスですが、その中でも型があるのはご存じでしょうか?A型、B型、C型があります。その中で今回はB型はどんな症状で特徴があるのかご説明したいと思います。

インフルエンザの潜伏期間と空気清浄器で感染対策

インフルエンザの感染経路として最も多いものは、飛沫感染です。これは咳や鼻水によって飛ばされたウイルスが、空気中に長い時間漂い、それを呼吸と共に吸入してしまう事が原因です。この感染経路を通じて体内に入り込んだウイルスが、時間の経過と共に増殖します。しかし、体内に取り込まれたウイルスの数が少なく、免疫力で抵抗することが可能なレベルであれば、症状を押さえ込む事も可能です。それゆえに、インフルエンザに特有の高い熱などの症状がなくなり、早期に回復する事も可能です。この体内でのウイルスの増殖を抑える時間的な目安としては、何日目というものがあり、通常は二日目以降はウイルスが飛躍的に繁殖を向上させる傾向がある為に、この前に効果的な対策を練る事が大切です。
また、この何日目というタイムリミットを知らずに感染してしまう場合もあるので、空気感染を防ぐ手段として、空気清浄器などを用いる事も有効な手段とされます。これは加湿機能の付いた空気清浄器である事がポイントで、インフルエンザの潜伏期間に、室内の空気中にウイルスを拡散させてしまわないためにも、ウイルスの繁殖し難い環境を作り出す事が大切です。
家庭内のインフルエンザウイルスは、抵抗力の低い子供にも喉の粘膜を通じて感染してしまうケースが見られます。そのため、空気清浄器と加湿器の機能で、室内をウイルスの繁殖に不向きな状態にしておき、感染して何日目か把握できない潜伏期間にも対応する事が重要です。これらの対策で、室内でのインフルエンザウイルスの増殖を回避できれば、免疫力が高い方の場合は感染を逃れることもでき、家族内でインフルエンザの感染を拡大させてしまうようなケースも防ぐ事が期待出来ます。