インフルエンザB型って何?

インフルエンザは毎年厄介なウイルスですが、その中でも型があるのはご存じでしょうか?A型、B型、C型があります。その中で今回はB型はどんな症状で特徴があるのかご説明したいと思います。

インフルエンザの流行から国民を守る抗薬「アビガン」

インフルエンザの流行を阻止する抗薬「アビガン」は正式名をファヴィピラヴィルといい、2014年3月に国内薬事承認を取得しています。先日のエボラ熱を救う希望の薬として、世界中で一躍その名を高めました。本来、抗薬「アビガン」はインフルエンザの治療薬として開発されましたが、従来からいくつか存在する抗インフル薬とは薬理が異なります。インフルエンザウイルスは感染した細胞内で遺伝子を複製し、増殖して放出することによりほかの細胞まで感染を拡大し、流行を引き起こします。
既存の治療薬は、ウイルスの細胞外への放出を阻害して感染の拡大を防ぐ、ノイラミニダーゼ阻害剤です。一方の新しく開発された抗薬「アビガン」は、ウイルスの細胞内での遺伝子の複製を阻害します。これにより、増殖を防ぐという作用メカニズムを有するRNAポリメラーゼ阻害剤です。抗薬「アビガン」については承認が下りる前から、画期的な新薬だとして大きな期待が寄せられていました。季節性のインフルエンザのみならず、鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)およびA(H7N9)に対する抗ウイルス作用も見込まれており、実験動物レベルでは既に効果も確認されていました。
新型や再興型インフルエンザなどが発生し、従来からの抗薬に満足な効果が得られなかったり、不十分では問題です。感染がまん延しないよう、また万が一の流行に備え、抗薬「アビガン」を使用可能な状況にしておくことは意義が高いと判断されました。その結果、世界に先駆けて国内での承認となったわけです。しかし現段階においては従来の抗薬がメインで使用されており、非常事態において投与が検討されるという形になっています。抗薬「アビガン」はエボラ熱以外にも、ノロウイルスに対しても効果を発揮するとの臨床結果が得られたことから世界中で注目され、大きく期待されています。